Sauber C9 Finish!

完成したTAMIYA Sauber C9です。

Sauber C9 by TARGA models

【ディテールアップメモ】
①ディテールアップパーツ使用。
②リア周りを、ピンやホースを使用してディテールアップ。
③サイド、フロントのウィンカーランプをディテールアップ。
④給油口をディテールアップ。
⑤デカールはミュージアムコレクション製を使用。
⑥牽引マークでオリジナルデカールを作成。

Sauber C9 #20

TAMIYA Sauber C9の製作の続きです。

Sauber C9 by TARGA models

リア周りのディテールアップです。ホースを表現します。形状が付けられるように、ゴムホースの中に半田線を差し込んでいます。

Sauber C9 by TARGA models

リア周りのディテールアップが終わりました。この後、ウィングの接着、ボディーを接着し、アンテナ類を接着して完成です!

Sauber C9 #19

TAMIYA Sauber C9の製作の続きです。

Sauber C9 by TARGA models

シャーシ側のフロント周りの作業です。ディテールアップパーツの牽引フックなど接着しました。

Sauber C9 by TARGA models

リアのステーを接着しました。ウィング自体はバランスをとって接着したいので後付けです。

Sauber C9 #18

TAMIYA Sauber C9の製作の続きです。ボディーの続きです!

Sauber C9 by TARGA models

フロントライトの取り付けが完了しました。

Sauber C9 by TARGA models

ウィンカーランプも接着完了。

Sauber C9 by TARGA models

サイドのウィンドウパーツを始め接着していきます。

Sauber C9 by TARGA models

フロントのウィンドウパーツも接着し大きいパーツ類の接着が終わりました。

Sauber C9 #17

TAMIYA Sauber C9の製作の続きです。ボディーの続きです!

Sauber C9 by TARGA models

シルバーの発色を良くするため、一度ベースにブラックを塗装しました。

Sauber C9 by TARGA models

今回C9用に海外からZero Paints社のC9専用のマイカシルバーを取り寄せました。

Sauber C9 by TARGA models

このマイカシルバー、発色がとても綺麗です!が、上からクリアーを吹くと良い発色が失われます。今回はこのマイカシルバーを活かしたいので、シルバーを塗って終了にします。

Sauber C9 #16

TAMIYA Sauber C9の製作の続きです。ボディーの作業に着手です!

Sauber C9 by TARGA models

ボディー全体にペーパー掛けをして洗浄し、サフェーサーを吹きます。

Sauber C9 by TARGA models

1回では流石に仕上がりませんね…再度調整します。

Sauber C9 by TARGA models

この後何回か調整を繰り返しボディーのベース作業が終わりました!

Ford Shelby GT500 Super Snake #03

Ford Shelby GT500 Super Snakeの製作です。

Ford Shelby GT500 Super Snake by TARGA models

ボディーの塗装まで終えました。今回は実写に合わせて、TAMIYAのブリリアントオレンジで塗装しています。

Ford Shelby GT500 Super Snake by TARGA models

デカールです。キットに付いているデカール(右側)だと長さが足りなくなるので、オリジナル(左側)で作成しました。

Ford Shelby GT500 Super Snake by TARGA models

デカールを貼りました。この後クリア塗装に入ります!

Sauber C9 #15

TAMIYA Sauber C9の製作の続きです。

Sauber C9 by TARGA models

リアウィングステーの作業です。牽引フックはディテールアップパーツを使用しますのでカットしてします。

Sauber C9 by TARGA models

塗装して接着まで行いました。

Sauber C9 by TARGA models

続いてクリアーパーツの塗装です。フロント側は内側と外側の両方を塗装しています。黒縁の塗装処理はTAMIYAのマーカーで塗りました。

Sauber C9 by TARGA models

フロントはデカールを貼り付け、クリアーパーツの処理はこれで終了です。次からボディーの作業に入ります!

Ford GT 40 Targa Florio #126 #07

Ford GT40 TARGA FLORIOの続きです。

Ford GT40 Targa Florio 1967 #126 TARGA models

エアーインテーク、給油口の内部を黒で塗装しました。ウレタン塗装しているのでアクリル塗料で塗装し、溶剤で拭き取っています。

Ford GT40 Targa Florio 1967 #126 TARGA models

ボディーとシャーシを組み込みました!

Ford GT40 Targa Florio 1967 #126 TARGA models

リア側はこのような感じです。

Ford GT40 Targa Florio 1967 #126 TARGA models

ディテールアップパーツを使い、ボンネットピンを接着。この後はワイパーの取り付けと最終的にボディーを磨いて完成です!