Audi R8 LMS GT3 #13

Audi R8 LMS GT3はやっと最終工程に入りました!

Audi R8 LMS GT3

リアウィングです。ステーはディテールアップパーツのエッチングを使用しています。ディテールアップパーツのほうが薄いのでエッチングを使用しましたが、ウィング、ボディーのステー接着箇所の幅を考えるとベースのパーツの方がよかった気がします。。。

Audi R8 LMS GT3

フロントライトとリアウィンドウの白いデカール無い件がどうしても気になり、アルプスのドライプリンタで作成することにしました。久々に使用するのでプリント方法を忘れていました。。。
一旦イラストレーターでトレースしました。下の矢印の赤は、付属のデカールでは数が足りないことに気づき一緒に制作しています。ドア両サイドに貼るデカールですが、#2は赤なんですよね。#1を製作する場合は関係ないかと思います。

Audi R8 LMS GT3

フロントの囲み箇所も白くなっていたので、接着したクリアパーツを一旦外し、ここも白のデカールで対応と貼ってみましたが、あまり見栄えが良くないのでここはホワイトで塗装しています。
残りはリアウィングの接着のみになります。

Audi R8 LMS GT3 #12

Audi R8 LMS GT3は引き続き製作中です。まだまだ作業がありますねー。心が折れそうです。。。

Audi R8 LMS GT3

この写真、前回と何が変わったかと言いますとウィンドウにデカール、細かい白いホワイトのライン、オプションパーツ類が増えています。実際に製作している方でないと判らないですね。。。

Audi R8 LMS GT3

こちらがリア側です。こちらもオプションパーツと白いホワイトのデカールを足しています。
ここで資料を見ていて気付いたのが、フロントライトとリアウィンドウの白いデカールがありません。。。さぁどうしたものか。。。

Audi R8 LMS GT3 #11

Audi R8 LMS GT3は引き続き製作中です。

Audi R8 LMS GT3

細かいパーツの取り付けと最後のデカールを貼るため、ここでボディーとシャシーを組み込みました。

Audi R8 LMS GT3

エンジンのディテールアップ範囲を知るために、こちらの写真はログで残しています。拘り箇所などの参考になればと思います。
作業はまだまだ続きます。。。

Audi R8 LMS GT3 #10

Audi R8 LMS GT3は引き続き作業中です。

Audi R8 LMS GT3

クリアパーツを接着しました。こちらが全体像です。接着前にクリアパーツは全てコーティングポリマーで一度磨いています。

Audi R8 LMS GT3

こちらがリア側です。クリヤーレッドはFinisher’s製を3回に分けて塗装しています。すべてのメーカーのクリヤーレッドを使用しましたが、Finisher’s製が一番良い発色をしたのでFinisher’s製を使用しています。
この後はパーツの接着に入ります。

Audi R8 LMS GT3 #09

Audi R8 LMS GT3は引き続き作業中です。

Audi R8 LMS GT3

クリアパーツを接着する前にボディー内側のパーツを接着しています。主にライト類です。こちらがフロント側です。

Audi R8 LMS GT3

こちらがリア側です。この後クリアパーツを接着していきます。

Audi R8 LMS GT3 #07

だいぶ時間が経過しましたがAudi R8 LMS GT3のボディーの塗装は終わりました。思えばこの塗り分けの色数はB188以来の4色でしたね。時間がかかるわけです。下地保護のため一度クリアを軽く吹きデカールを貼ります。

Audi R8 LMS GT3

デカールを貼ると見栄えが違いますね。フロント側です。

Audi R8 LMS GT3

リア側です。この後クリア塗装に入りたいと思います。

Audi R8 LMS GT3 #06

Audi R8 LMS GT3

Audi R8 LMS GT3のボディーの塗装です。デカールで表現できますが、デカールをスキャニングしてオリジナルのマスキングを作成して塗り分けます。

Audi R8 LMS GT3

1回目の塗装で今回は終了です。この後タッチアップ作業で調整していきたいと思います。まだまだ時間を要します。今回はここまでです。

Audi R8 LMS GT3 #05

Audi R8 LMS GT3のインテリアの作業です。

Audi R8 LMS GT3

塗装の色分けにかなり時間を要しました。エキゾーストマニホールドの指示色はカッパーですが、こちらもTAMIYA製のチタンゴールドにしています。奥にあるポンプは上部のホワイトは塗装後、実写に合わせてウェザリングしています。

Audi R8 LMS GT3

こちらが全体です。

Audi R8 LMS GT3

ドライバーのシート左右にあるネットはディテールアップパーツのエッチングを使用しています。こちらが参考にした写真です。
ネットの接着位置ですが、最初はロールバーに固定されているものかと思っていましたが、写真をよく見るとドライバーのシート後ろに回りこんでいるのが分かります。右側に操作するパネルがあるので邪魔にならないのかなと思いながらも実写に合わせています。

Audi R8 LMS GT3

逆に左側はロールバーに固定されていますね。こちらも実写に合わせています。

Audi R8 LMS GT3

シートベルトの固定位置はラリーカー同様にロールバーに固定されています。こちらが参考写真になります。

Audi R8 LMS GT3

シャシーと接着させました。「パキッ」とかなりいい音をさせて密着させるようです。ここまででかなり疲れました。
次回はボディーの塗装になります。これもまた時間がかかりそうです。

Audi R8 LMS GT3 #04

早速Audi R8 LMS GT3の塗装と組み立てに入っていきたいと思います。

Audi R8 LMS GT3

タイヤから作業を始めます。ホイールに白の文字のデカール貼り付け指示がありますが、どの実写を見ても付いていないので省きます。中央のシルバーはタミヤのクロームシルバーですね。最近マーカーを少量出して使っています。よっぽど塗装範囲が広いときはエナメル塗料を使いますが、塗装範囲が広いときはエアブラシで塗装ですね。

Audi R8 LMS GT3

シャシー側の塗装です。ブレーキパッドの塗装指示は「カッパー」ですが、使用メーカー的に塗料がないと判断し、タミヤの「チタンゴールド」にしています。Audi R8 LMS GT3のCG写真を参考にしました。

Audi R8 LMS GT3

次回はインテリアの作業に入ります。この作業は時間がかかりそうです。